極早生ミカンの注文ページ

【酸味が決め手!飲むようにミカンを食べよう!】 ー秋の遊撃農家イトウ農園ー

このサイトは、遊撃農家イトウ農園の極早生ミカンの注文ページです。
2016年のみかんの注文受付は終了いたしました!また来年10月ごろお会いしましょう。

はじめまして!
季節限定の農家+行商をしております遊撃農家イトウ農園の伊藤です。
2016年で早くも5年目になりました。10月から収穫の極早生ミカンです。

こちらで紹介するのは和歌山県日高川町の農園でつくっている極早生ミカンです。
極早生とは10月中旬から11月上旬の早い時期に収穫できるという意味です。

メインの農園主はわたくしの大学農学部時代の同期のクラミツくんです。
遊撃農家とは繁忙期に少々と災害時に助っ人に行くと同時に販売を担当しています。
土地を持たない農家、それで遊撃農家ということです。

南高梅の収穫をするナリワイ伊藤
2011年紀伊半島台風の復旧作業の合間にミカンを食べる

【酸味があって瑞々しい極早生ミカンを目指す】

弊農園の極早生みかんの特長は
樹で黄色くなるまで待つので味が濃くかつ瑞々しいので飲むように食べられる
というところであると思っております。

10月も半ばとなれば部屋に暖房がかかってきて喉が渇きがちになる季節です。
いちいち飲み物を買いに行かなくても、ミカンがあれば大丈夫。
私の場合は、仕事の合間に缶飲料など買いにいくと集中力が切れるので、重宝しております。

果物がどれだけ持つのか、というのが気になると思いますが、
ミカンは到着時がいちばん酸味が強くて、置いておくとだんだん甘みが増してきます。
日持ちするのもミカンの有り難いところです。
とはいえ、暖房直撃の場所とか湿気の多いところに置かないこと。
それで二週間は余裕で持つのではないかと思います。

この極早生ミカン、栽培方法としては、一応エコファーマー認定というのを受けています。
その中でもさらに極力農薬等は使わないようにしています。
特に除草剤に関しては不使用。
対バクテリアとかの消毒は通常の30%程度に抑えております。

ミカンの収穫も少しやってます
ミカンの収穫も少しやってます
おまけの書画
運がよければおまけの書画がつきます

─ 樹木の力を強くする育て方 ─

さらに!
ミカンの樹木が強くなるように枝を切ってます。
通常だと実をたくさんつけさせるため上に伸びすぎないようにして
樹木の勢いを落としつつ育てます。

しかし、ここでは逆のことをしています。
葉をたくさんつけさせて光合成を増やし
樹木としての生命力を増す方向で育てています。

樹木として元気になれば病気にも強くなるだろう、という作戦です。
それで消毒回数を減らします。
一部、見た目が悪くなるミカンも出ますが、味に影響はないので
余程見た目がひどくなければなるべく入れています。

量ですが、最小5キロからです。
そんなに一人で食べれるんかいな、と思いますが
5キロ箱は40-60個でして1日4個ぐらい食べていると10日でなくなります。
たまに友達にお裾分けしているとちょっと喜ばれたりしますので、さらに早くなくなります。
一人暮らしでも職場に持って行き日々食べていた方もいました。

ご注文はこちら



文庫本と10キロ箱
文庫本と10キロ箱
オフィスみかん
ミカンがオフィスにあると和みます

─ 冬のビタミン補給にミカン ─

個人的にはこの季節は、せっせとミカンを食べていると
おやつでビタミンが補給できている気がするのでそれもいいですね。
この時期ばかりは飲料を買うことが激減します。
その分、ミカンを食べる。

私は、これで秋冬を風邪なしでのりきりたい!と思っています。
あと、ご両親やお世話になった方に送るのも喜ばれる事が多いです。
ミカンは世代を超える。

─ これまであった感想 ─

などなど

えらい大げさやなと思いましたが、有り難い話です。
到着直後は酸味が強めで食べやすく、到着して時が経っても甘みが増して味が変わって
二度楽しめるのが、よいところかもしれません。

なんでそうなるか
というと弊農園は樹木になった状態でできるだけ完熟に近い状態で収穫しているからです。
果物は樹木でギリギリまで育てたほうがその分、栄養が注入されますので味が濃くなります。
流通する時間を省いて直接送るので、収穫のタイミングも
できるだけ完熟に近い状態を狙うことができる、ということです。

あと酸味については、ミカンのよさはなんやろう、と考えた結果、糖度重視ではなく
酸味と甘みのちょうどいい塩梅を目指した方がミカンのよさがでるだろうということになりました。
単に甘さで勝負したらケーキの方が甘いですからね。

合い言葉はジュースを飲むならミカンを食べよう!
注文お待ちしております。

【ミカンの量の目安】

【補足】

※最終受付は11月10日ごろ、それ以後は樹に残っている量次第です。
届いたらザルなどに移し風通しの良いところに置くと長持ちします。

※段ボールの下側から開けて食べると傷みにくいミカンが残ります。

─ 注文フォーム | ご注文はこちら ─

以下のフォームをご記入の上、注文送信ボタンをクリックしてください。

─ 遊撃農家イトウ農園 | 伊藤洋志 ─
facebook twitter

うえへもどる↑